一陸特とはどのような資格なのか

数多くある資格のなかでも一陸特という資格はあまり聞いたことがない、という人が多いです。一陸特は総務省が定める国家資格であり、アマチュア無線や通信の仕事をしている人にとっては必要な資格といえます。近年めざましく発展を遂げている通信業界ですが、通信会社の新規参入や各社通信料金の競争、通信速度を速める5Gの導入など激しさを増しています。これらの業界ではある一定の知識や技術を持っている人材を必要としているのですが、それが一陸特という資格保持者なのです。このような通信網の整備をするための工事には一陸特の保持者が必要なのです。例えば過疎地域で医療不足に困っている人に対して遠隔地にいる医師が診察をしたり手術などを行うなど、ニュースになりますがこれを実行させるためにはインターネットのloT化による高速化と、強靭な通信網が必要となります。

一陸特の資格を取得するためには

一陸特の資格を取得するためには年に3回行われる国家試験に合格するか、総務省総合通信局長の認定した団体の養成課程を修了することで国家試験が免除されるものがあります。このことにより無線従事者免許取得手続きへ進むことが可能ですが、工業高校の電気科や電気通信科の卒業生と同等以上の学力がないと受講することは困難です。また通っていた学校で無線通信科目を履修していれば、卒業時に免許が交付されます。発展がめざましい通信業界には一陸特がいなければ、行うことができない業務があるなど資格保持者を積極的に採用しています。これからますます需要が高まり賃金水準も上昇しているため、通信業界の求人で探してみることをおすすめします。

一陸特とは「第一級陸上特殊無線技士」の略語です。携帯電話やインターネットなど多くのシーンで使用される大容量の通信サービスにおいて使用される無線設備などを取り扱う資格です。