プラント施工管理の仕事のメリット

プラント施工管理の仕事の良い所は、需要が安定していることです。施工管理は新規に工場を建築するときだけでなく、プラントの点検の際にも仕事があります。プラントの稼働を止めて定期的にメンテナンスをする必要もあり、景気の影響を受けにくく一定の需要が存在するのが特徴です。古いプラントを立て替える際にも活躍の場があります。また、給与水準が高いこともメリットです。プラントを扱うプロジェクトは大規模であるケースが多く、施工管理の役割も重要なものとなります。多様な工程に関わるので幅色いスキルが必要な仕事であるために、高い給与が期待できます。成果による報酬や資格手当などが発生する職場も多く、スキルを磨くことで収入の増加を狙えるのも魅力と言えるでしょう。

プラント施工管理の仕事のデメリット

デメリットとしては残業が多いことが挙げられます。プラント建設は工期が少しでも遅れると大きな損失が発生してしまうため、工期厳守が求められます。そのため、予定とのずれが発生すると残業が求められ、工期前には泊まり込みの作業になることもあるでしょう。基本的に土日祝は休みとなりますが、予定よりも遅れが出ていると休日出勤を余儀なくされるケースもあります。人間関係の悩みが多いのもデメリットです。プラント施工管理の仕事は、建築の専門家の方以外にも電気系統の専門家など様々な職種と方々との間で調整をしながら取り組んで行くことになります。板挟みの立場になりやすく、ストレスを感じやすいです。大きなプロジェクトを扱うので高収入を期待できる反面、責任も大きく激務になりやすい仕事です。

プラントの施工管理は、工場内での従業員の事故を回避したり、製造ラインのストップなどのトラブルを防いだりするうえで大事な作業といえます。